top 物件情報一覧 アクセス 周辺案内 Q&A 資料請求 無料査定
Q&A
「淡路島五色町」とはどんな所ですか?
人口約11,500人で町の健康福祉総合センターでは、福祉に関するさまざまなサービスが充実した町として全国的に有名な所です。また、北方領土の開拓と日露民間外交の先駆者で、司馬遼太郎原作の「菜の花の沖」の主人公、高田屋嘉兵衛の生誕の町でもあります。ウエルネスパーク五色のような子供から大人まで過ごせる施設(わんぱく広場、野外ステージ、オートキャンプ場、テニスコート、ログハウスと公共の宿、宿泊施設。夢工房での紙スキ、陶芸やフラワーアレンジメント教室、銭湯ゆ〜ゆ〜ファイブ等。)海釣り、夏は海水浴、食べ物は瀬戸内海の新鮮な魚介類が港で浜値で買うことができます。

五色町が宅地開発して分譲している若葉台団地という所があります。47区画を造成して1m2平均単価29,700円(坪当り9.3万円)で販売していますから京阪神方面の住宅地から較べればかなり割安感がありますので、一度見学されてはいかがでしょうか。

デイサービスセンター
 
ウェルネスパーク五色
「田舎暮らし」に適していますか?
瀬戸内の温暖な気候に恵まれた五色町“うぐいすの杜”(当社が命名しました)の分譲地は1970年代に民間の宅地開発業者が別荘地として開発した区画数約800区画(1区画80坪〜)の分譲地で五色町の公営水道が完備され、幹線道路幅8m、支線道路幅4m、の町道が通っています。

分譲地内は良く整備され管理組合も有りますし、夕陽の美しい分譲地です。現在建物は約130戸余で、永住されて菜園やガーデニングを楽しまれているご家族が約15世帯程です。

田舎暮らしでもっとも気になるのが、生活の利便性とその土地での風習や、人間関係などになじめるかどうかなどですが、“うぐいすの杜”分譲地はほとんど、京阪神に在住しておられた方々が所有されていますので、因習のしがらみなどはありませんし、海辺の田舎暮らしを楽しみに生活されていますので共通した話題が生まれ、仲良く近所付き合いをされています。

うぐいすの杜分譲地より望む夕陽
日々の生活に支障はありませんか?
分譲地から慶野松原海水浴場のある、西淡町まで車で約10分で、西淡町にはスーパーや金融機関、病院もあります。新鮮な魚を食べさせてくれる割烹店等もあります。
五色町の福祉センター(外出支援サービス・配食サービス、デイサービスセンター、ホームヘルプサービス)五色診療所等もありますし、日常生活にはまったく支障はありません。  
 
スーパーのとれとれ魚屋さん    
子供や孫が来た時に充分満足できますか?
“うぐいすの杜”分譲地での滞在期間を楽しく過ごして頂くためには、周辺に娯楽施設や海のレジャー施設、新鮮でおいしい食べ物や食事処のあるとことが条件になります。
淡路島そのものがレジャーランドになっていますので、充分ご満足して頂けると思います。

近くには、ウエルネスパーク五色・淡路五色リゾートカントリー倶楽部・慶野松原海水浴場・淡路牧場・うず潮クルージング等がありますので、何日いても飽きることはありません。

ウエルネスパーク五色での家族団欒のひととき
“うぐいすの杜”分譲地の価格は他と比較して安いですか?
当“うぐいすの杜”分譲地は淡路島西側に位置しています。
大阪湾側では住宅開発業者が住宅地(斜面以外)は坪当り20万円前後で販売しております。当分譲地では坪当り10万円以下の販売価格ですから、かなり安い価格だと思います。もちろん分譲地内には五色町の公営道路と町水道が完備されておりますので、安心して建築することができます。

大阪湾側より海もきれいですし眺めも雄大です。なんといっても夕日の沈む瞬間は言葉にならないほどの美しさです。
     
   
 
▲このページのTopへ   
 
 
   
 
株式会社ビブレホーム